肩こりがこの先生き残るためには

人気記事ランキング

ホーム > > 消費者金融と銀行のキャッシングの違い

消費者金融と銀行のキャッシングの違い

キャッシングサービスを提供する企業にはいろいろありますが、その中でも消費者金融は貸金業者に分類されるため、借入額の合計が年収の3分の1に制限されるという総量規制の制限を受けることになります。その一方で、銀行のキャッシングサービスは、総量規制の制限を受けないため、別途定める限度額に従って利用することになります。
そのため、一般にキャッシングといってもそのサービスは様々ですから、その特徴を十分に理解して、自分の目的や用途にあったものを選ぶ必要があります。
それで、借入額をなるべく少なめに抑えておきたい場合は、消費者金融の方を利用することができるかもしれませんし、少しでも大きめの限度額まで利用したいという場合は、銀行系のカードローンのキャッシングを利用することができるかもしれません。そのいずれにしても、自分の収入と支出のバランスをよく考えて、借り過ぎに注意し節度のある利用を心掛けることにいたしましょう。

みずほカードローンの審査についてはみずほカードローン審査MS115※審査落ち防止のチェック項目